炭素軟鋼板情報

炭素鋼は、品質の点で独特であり、さまざまな住宅またはビジネスの建設プロジェクトで求められる材料となっています。炭素が主な合金成分である場合、それは炭素鋼と呼ばれます。ただし、すべての炭素鋼製品に同じ量の炭素が含まれているわけではないため、製品の炭素含有量に基づいてさまざまな種類があります。それらは次のとおりです。

• 軟鋼 – この炭素鋼製品は、軟鋼シートと同様に、約 0.
If you have any issues regarding the place and how to use steel sheets, you can make contact with us at the web site.
16% から 0.29% の炭素を含んでいます。軟鋼は、他の鋼種と比較して比較的安価であり、さまざまな用途に使用できます。この材料は、大量の鋼を必要とする建設目的で一般的に使用されます。

• 中鋼 – この製品は丈夫で、耐摩耗性に優れています。中型鋼は、大型の金属構造物や自動車部品に一般的に使用されています。

• ハイスチール – 名前が示すように、このタイプは炭素含有量が高く、主に高強度のスプリング、ワイヤーなどの製造に使用されます。

• 超ハイ スチール – このタイプは、硬度と強度が高いため、石材や切削工具 (ナイフ、車軸など) などの硬質製品の製造や非工業目的に使用されます。

溶接用軟鋼板

前述のように、軟鋼板は炭素含有量が少ないものであり、このタイプは建設や工業および商業製造で好まれています。溶接の約85%に使用されています。板のほかに、ワイヤーや軟鋼管も溶接に使用されます。このタイプの鋼は、抵抗溶接またはガスを使用して溶接されます。この素材の素晴らしいところは、曲げたり、動かしたり、ねじったり、溶接してさまざまな形に加工したりできることです。

次のようなさまざまなタイプの溶接に使用されます。

• フラックス被覆アーク溶接 – このタイプの溶接は、屋外環境で行われる溶接に関して多くの人に好まれ、フラックス被覆ワイヤを使用します。

• ガスメタル アーク溶接 – このタイプの溶接では、防錆のために銅色の軟鋼でできた固体電極ワイヤを使用します。

• MIG 溶接 – このタイプの溶接は最も簡単な方法の 1 つで、屋内環境での溶接に最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *